安心して暮らせる幸せの土台を築く
株式会社泰成(建設業)

株式会社泰成

 

株式会社泰成(たいせい)は横浜・川崎を中心に、家を建てるための基礎となる土地の整備や、がけ崩れや土砂崩れのを防ぐための壁の造成等を行っている。

いわば、株式会社泰成が手掛けているのは、家を建てる上ですべての基礎となる重要な”土台”である。

 

 

切にしている想い

 

幸せの土台を築く会社でありたい。
お客様や社員が家族や仲間と安心して暮らしていける、そのための土台を築くこと。

 

 

主な仕事内容

 

・宅地づくり(でこぼこした土地や山林等の土地を家が建てられる状態にするために整備すること)や擁壁工事(がけ崩れや土砂崩れを防ぐための工事)、地下車庫や道路工事の現場監督

半分、関係者との調整
半分、期日や予算、計画等の管理

 

 

社長インタビュー

 

今回のインタビューは2019年1月に先代に代わり、若き代表取締役社長となった福本拓哉さんにご協力いただいた。

 

(代表取締役社長 福本さん)

 

福本さんの話からは、

新しく社員に入社してもらうための魅力づくり、
社員が気持ちよく働き続けるための職場づくり

を試行錯誤しながらも進めていこうとする強い想いを感じた。

「その時々の雰囲気でここに行こう!って決める」という年1回の全員参加の社員旅行や釣り大会、BBQなどのイベントは社員同士の仲を深めるための貴重な時間となっていると言う。

「今は移動の時間中とかは、結構社員の話を聞くようになったよね。」と社長自ら社員に積極的に話しかけようとする姿もあった。

それでも
「まだ泰成の魅力は足りないんだろうなって。今もいろいろやってはいるんだけどね。
と語る姿からは社員を大切に思う福本さんの真摯な姿が見られた。

 

また、現場監督という業務の中で接することとなる現場で働く職人さんについて、
『怒鳴っている姿をどうしても想像してしまう』と伝えると、

「大きな声で話さないと聞こえないんだよね。周りも作業の音とかでうるさいから。だから普通のことも怒られているように聞こえちゃうのかもしれない。」

「現場で怒鳴る時は大概危ない時。死んじゃうからね。お前何やってんだ!って怒んないとその人が死んじゃうから。」

「でも戻ってくるときはみんな気のいいおっちゃんばっかりだからね。」

 

福本さんが優しそうに語る、職人さんの本当の姿に少し親近感を感じた。

 

 

そして最後に、
「まあでも、怖いイメージを持ってしまうのは建設業あるあるなのかな。変えなきゃいけないんだろうけどね。」
と締めくくった。

 

ちなみに体力が必要な仕事であることもあり、業務の間の休み時間はほとんどの人が昼寝をしているとのことだった。
社内に流れる柔らかな雰囲気が垣間見られる時間だろう。

 

 

会社見学・インターンでできること

 

■内容

現場監督アシスタント
(実際の現場を見ることが出来ます)

 

■向いている人

職人気質のあるひと
朗らかなひと

 

 

 

取材を通して感じたこと

先代から若くして社長を引き継いだ福本さんの話からは、新たな気持ちを持って、現社員と今後入社する新しい社員が一丸となり魅力的な会社を作ろうとする気概を感じた。
「幸せの土台を築く」、とても魅力的な言葉を大事にする会社であった

 

 

会社情報

 

株式会社泰成

代表取締役社長 福本拓哉

横浜貴青葉区市ヶ尾1730

WEBサイト

 

会社見学やインターンのコーディネートはフェアスタートサポートまでお問い合わせください。

 

お問い合わせ

  1. 60年の歴史と技術を次の世代へ
    ヤサカ工業株式会社(板金業)

  2. 山中無暦日 心からくつろげる旅館を
    雉子亭豊栄荘(旅館)

  3. 大切な人との最期の時に寄り添う
    株式会社ファミリー・ホール(葬祭業)