地域とともに発展する建設業
株式会社安藤建設(建設業)

 

株式会社安藤建設

 

 

株式会社安藤建設は、横浜市磯子区を拠点に地域の活性化とさらなる発展のために貢献を続けてきた。
それは“建設会社”として地域に必要な建物を造りあげることに留まらず、地域に拠点を構える“地元企業”としての社会貢献にも力を入れている。

地域を愛し、地域に愛される会社として、地域とともに発展を遂げてきた株式会社安藤建設の社長と社員に話を聴いた。

 

 

切にしている想い

 

― 地域とともに発展する建設業

①建設会社として、地域社会に必要な建物(保育・福祉施設や医療施設、学校など)を積極的に手掛け、地域の活性化と発展に寄与する。
例:保育園ができることは、親が安心して子どもを預けながら働くことにつながり、地域の親子の住みやすさが向上する。

②地元企業として出来る社会貢献を通じて、地域の発展に寄与する。
例:地元小中学校や商店街、行政と協力してイベントのお手伝いなどを行う。

上記の2点を通じて地域に貢献し、地域に必要とされる会社であり続けたいと考えています。

 

 

主な仕事内容

 

■内容

・建築施工管理技士

建築工事の、行程・予算・品質・安全を管理し、協力会社をはじめ関係各所と調整しながら完成までの指揮を執る現場の司令塔。
設計図をもとに現場で作業する職人さんをまとめる役割は、オーケストラに例えると、演奏者をまとめる指揮者のような役割に近い。

横浜はスポーツや文化に関する施設が多いため、オリンピックやワールドカップなど世界的なイベントの仕事に携われる可能性もある。(例:日産スタジアムのスタンド改修工事など)

 

 

 

社長&社員インタビュー

 

はじめに、株式会社安藤建設の代表取締役である安藤さんに話を伺った

 

建設業の魅力ややりがいについて、安藤さんはこう語る。

「人間の生活にとって欠かせない『衣食住』の中の『住』を担っているのが建設業。何もないところから人間の知識・技術の力で建物を造り上げる仕事は素晴らしく、出来上がると嬉しいんだよね。」

「あとは、色々なことへの挑戦があるんです。我々は建物を造っていて、同じものを造るというのはまず無い。同じ建物を大量生産するという仕事ではないからこそ、ベテランになっても初めて学ぶということがあるんです。」

 

それでいて、

「建物だったらなんでもいいやという考え方ではなく、社会に必要とされる建物を積極的につくっていく、という考え方があるので、そういったところはやりがいにつながっていると思います。」

という言葉の通り、株式会社安藤建設は保育園をはじめ、地域のための建物を手掛けることが多い。

 

これが地域への愛着や仕事へのやりがいを生み出すのだろう。

 

(株式会社安藤建設 代表取締役 安藤さん)

 

また、安藤さんは自分の担う仕事に使命感と誇りをもって取り組むことの大切さを普段から強く意識しているという。

 

「社員には、『労働』ではなく『職業』であるという意識を持って働いてほしい思っているんです。」

「他では代替できないような仕事を試行錯誤しながら行って、それが社会的な意義を成す。これが『職業』だと思うんです。」

「だから僕は社員に、『職業』であることを意識して働いてほしいと思っているんです。そしてうちではそれが持ちやすいと思うんです。地域に必要なものをつくっていくから。」

 

『はたらく』ということに対して、非常に明確で熱い想いを持つ素敵な社長だと強く感じた。

 

 

次に入社してから10年を迎える社員の佐藤さんにも話を伺った。

 

 

「私の仕事内容は日々の現場の作業調整、工程管理、必要書類の作成などです。詳しく言うと朝礼後の職人さんへの指示出しや打ち合わせ。その後は現場内を巡回して、予定通りの作業が進んでいるか、現場に危険なところがないかなどの確認を行います。巡回が終わると書類や工程表作成などを行って、今後の予定をたて、それぞれの調整や手配をしていきます。」

建築施工管理技士の1日の仕事内容を大まかに教えていただいた。

 


そして、仕事のやりがいについても聞いた。

「日々苦労した現場が竣工したときやりがいを感じます。以前、住宅をやったときに施主さんに『ありがとう』や『がんばったね』と言われたときはとても嬉しかったですね。」

 

自分の仕事を通じて建物ができあがり、その建物が地域に住む人々の生活を支えていると思うと、大きな使命感とともに喜びを感じるのだろう。

 

 

会社見学・インターンでできること

 

■内容

施工管理を行う建設現場の視察・同行


■向いている人

探究心をもって自分で考えることができる人
皆で話し合って何かを決めるのが好きな人


■メッセージ

建設業は職種も色々ある中で、施工管理という仕事は、現場を取り仕切る重要な役割を担っています。オーケストラに例えると指揮者です。
会社見学やインターンシップでは十分に施工管理の仕事を理解するのは難しいかもしれませんが、普段は見ることのできない建設現場や現場の作業を見られるなど貴重な経験が出来ます!
しかし、実際に建物を造るには建設の知識がなければできませんし、資格も取る必要があるので、勉強することもたくさんあります。
また入社後、資格取得のために働きながら専門学校へ通いたいと思うやる気のある社員には学費を補助し、応援したいと思っています。

 

 

取材を通して感じたこと

 

「地域とともに発展する建設業」という理念のもと、実際に地域に必要な建物を積極的に手掛け、地域の活性化や発展に貢献する姿勢に感銘を受けた。

その姿勢が株式会社安藤建設で働く社員のモチベーションや、やりがいに大きく繋がっているのだろうと想像する。

 

 

会社情報

 

株式会社安藤建設

代表取締役 安藤竜一

神奈川県横浜市磯子区中原2-1-15

WEBサイト

Facebook

会社見学やインターンのコーディネートはフェアスタートサポートまでお問い合わせください。

お問い合わせ

  1. 大切な人との最期の時に寄り添う
    株式会社ファミリー・ホール(葬祭業)

  2. 「共に生きる -いままでも、これからも-」
    社会福祉法人横浜共生会(福祉・介護)

  3. 直すことは、守ること。
    株式会社ヨコソー(建築物補修・塗装等)